image1
「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」 雲母書房
ピーター・リヴァイン 著/藤原千枝子 訳
新しいトラウマ・セラピーの手法であるソマティッ ク・エクスペリエンス(SE)の創始者、ピーター・リヴァイン博士によるSEの解説書です。トラウマの仕組みや状態を分かりやすく解説し、一人でできるエクササイズも紹介されています。自分が苦しんでいるのはトラウマが原因ではないかと考えている方、実際にトラウマに苦しんでいるという方には、必ずお役に立てる本です。

image3
「こどものトラウマ・セラピー」 雲母書房
ピーター・リヴァイン、マギー・クライン 著/浅井咲子 訳
子どものセラピーに造詣が深く、2004年インド洋津波のあとタイに赴き、トラウマを受けた子どもたちへのグループワークに貢献した著者マギー・クライン。
保護者・教師・心理職・ソーシャルワーカー・医療関係者などに向けて、すぐ使える画期的なアプローチを紹介しています。
本書はピーター・リヴァイン博士が開発した安全で自然なトラウマ療法、ソマティック・エクスペリエンスのエッセンスを子どもに使えるようにまとめたものです。(雲母書房 ホームページより転載させていただきました)

image4
「身体に閉じ込められたトラウマ」 星和書店
ピーター・A・ラヴィーン 著/池島良子、西村もゆ子、福井義一、牧野有可里 訳
世界的に著名な神経生理学者であり心理学者でもある本書の著者ピーター・ラヴィーンは、からだの気づきを用いた画期的なトラウマ・ケアとして注目を集めているソマティック・エクスペリエンシング(Somatic Experiencing®, 以下SE)の創始者である。本書は、このソマティック・エクスペリエンシングについての、初めての理論的解説書である。
 トラウマによって「凍りつき」状態となった人のからだの発する内なる声を聴きとり、生存に必要な感情である怒りや恐怖を感じとれるよう支援することでトラウマからの回復をもたらす。
本書の特色は、SEの基礎理論だけでなく方法論までも示された分かりやすい解説書である。読者が理論を体感できるようなエクササイズが全般的に豊富に盛り込まれているため、難解で想像しにくい事柄も、理解しやすいものとなっている。そのためトラウマ・ケアの専門家だけでなく、トラウマを受けた人にとっても分かりやすく、トラウマという絶望から回復する希望を与えてくれる。(星和書店 ホームページより転載させていただきました)