トラウマ治療のメソッドであるSE(Somatic Experiencing)を開発したPeter Levine博士は、トラウマについて、従来とはまったく異なる見方を提案しました。心理学者であると共に神経生理学者でもある彼は、以下の2点からトラウマの成り立ちについて考察しました。

  1. 野生動物は日常的に捕食動物からの攻撃にさらされているのに、人間のようなトラウマを受けて苦しむ事がない。
  2. トラウマの原因に関わらず、トラウマによって人間が苦しむ症状はほぼ同じである(不眠、フラッシュバック、パニック障害など)。

これらの点から研究を進めた結果、Levine博士は、トラウマは個々の出来事の問題ではなく、それらの出来事に対して神経系がいかに反応するかという問題である、という結論を導き出しました。

本来、動物は、危機に直面した際、①逃げる、②戦う、③硬直する、のいずれかの行動を取ります。
逃げるときも戦うときも、人間(動物)の神経系はフルスピードで回転しています。硬直しているときも、一見何も起きていないように見えますが、実は体内では同じように神経系が全速力で活動を行い、膨大な量のエネルギーを作り出しているのです。

圧倒的な脅威に対しては逃げられるときは逃げますし、逃げ場がないときには戦うこともありますが、その両方ともがうまく行かなかった場合は、凍りつく(硬直する)というパターンを取ります。

硬直は、万が一逃げ切れなかった場合に、その瞬間の苦痛を感じずにすむというメリットがあります。
交通事故に遭った人が、事故の瞬間を覚えていなかったり、子ども時代の性的虐待の犠牲者が、その出来事を覚えていなかったりするのはよくあることです。
これは、生物にとって、意識が身体にとどまっているのがあまりに衝撃が強く危険な場合、苦痛を避けるために自動的に肉体から感覚を切り離した状態、「解離(かいり)」の状態になることがあるからです。

野生動物の場合なら、硬直(死んだふり)をすることで、捕食動物が隙を見せる場合があり、その隙を突いて逃げ出すことができます。また、捕食動物によっては、動いている獲物しか狙わないという本能があるため、硬直した相手を追うのをやめることもあります。それで敵が立ち去れば、襲われた動物は硬直状態を解き、身震いして過剰なエネルギーを振り落とし、自由に動ける状態にまで回復していきます。このプロセスを自然に行うことで、動物は身に起こる脅威や危険を「トラウマ」として抱えずにすむことが出来るのです。これは原始的な脳による、本能に基づいた行動です。

しかし、人間の場合は、あまりに発達した脳の知的部分(大脳新皮質)が意味づけや理由付け、不都合な体験の抑圧を行ってしまうことがあるため、本来動物が持っている自然で本能的な「エネルギーの解放」の反応が起こりません。したがって、過剰に喚起されたエネルギーは「硬直(凍りつき)」が起こったままの状態で行き場を失い、神経系の中で解放されずに蓄積されたままになってしまいます。リヴァイン博士は、この、行き場を失って蓄積された過剰なエネルギーが、トラウマに起因する色々な症状を作り出していると考えました。

人間の脳の本能をつかさどる部分は、他の生物、原始時代の状態の脳とほぼ同じままです。原始時代の人間は、常に危険にさらされていました。そのため、危機に際してはエネルギーを全力で放出して危険に対処するよう、人間の脳と身体はいまでもプログラムされているのです。しかし、このエネルギーを一気に解放することは大きなリスクを伴うことが多く、そうした治療法の多くには効果があまりないことが明らかになっています。これまでのトラウマ治療は、主に心理面からのみ語られ、身体面からはほとんど語られることがありませんでした。伝統的なトラウマの治療法である薬物療法(トラウマの症状の原因となる脳や神経系の過剰な活動を薬で抑える)、カタルシス療法(トラウマに関連した激しい感情的追体験をすることでトラウマの解放をこころみる)、認知行動療法(偏ってしまった考え方、行動を修正していく)などがありますが、いずれもトラウマ治療に関しては長期的な効果があまり見られないと言われています。

したがって、この過剰エネルギーを自然な方法で、少しずつゆっくりと解放させていくことがトラウマ治療のポイントといえます。これに関して、Levine博士は、「癒しのプロセスは、劇的でなければないほど、またゆっくりと起これば起こるほどより効果的である」と述べています。Levine博士が開発したSE療法は、人間が本来の動物と同じ様に持っている「身体感覚」を主に使った、まったく新しいタイプのトラウマの治療メソッドです。ここでは、神経系がトラウマによって抱えた過剰なエネルギーのゆっくりとした解放を目指しているため、トラウマやその体験について「言葉で」語ることは重視されません。身体の状態を感じ、それに呼応して身体が自然に反応し、身体が少しずつエネルギーを解放していくことが重要で、これが従来の治療法と違う画期的な点です。

トラウマや、そこから生じる様々な症状は複雑で捕らえにくく、終わりのない苦しみのように感じられることも多いですが、本来は決してそうではないのです。時には時間がかかっていくとしても、トラウマは、どんなに重く苦しいものであっても、少しずつ変わっていくことが可能であるものだと、この治療法は教えてくれます。
 そして、大きなトラウマをくぐり抜け、癒し、より良い自分につながっていくという経験は、その人にとって何物にも代えがたい財産になることでしょう。

(参考:ピーター・リヴァイン著、藤原千枝子訳「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」雲母書房より)